2017年03月11日

Huluで「塔の上のラプンツェル」が3/20まで期間限定配信!

ラプンツェル.jpg

日本テレビの金曜ロードショーで放送された「塔の上のラプンツェル」が

3/20まで期間限定配信されることが決定しました!

3/10に日本テレビで放送されたばかりですが、

もう一度見たい人・見逃した人はHuluに登録すれば見ることができます!

字幕版・吹替版両方見ることが可能なので、

この機会にぜひ見てみてくださいね!

無料登録はこちら⇒Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中



Hulu公式サイトへはこちらから⇒HuluファンブログのTOPページ

※紹介している作品は、2017年3月時点の情報です。
 
 現在は配信終了している場合もありますので、

 詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。
タグ:Hulu
posted by Hulu大好きっ子 at 00:13 | Huluで視聴した作品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年03月01日

クリミナル・マインド

クリミナルマインド.jpg

人の行動には全て理由があるのだと教えてくれたのが、この「クリミナル・マインド」です。

実は、Huluを利用するきっかけをくれたドラマでもありますね。

数シーズン続いているのでかなりの話数になるため、時間とお金を気にせずに楽しみたいとの理由から、Huluを利用するようになったからです。


クリミナル・マインドの主人公たちはプロファイラーです。

プロファイラーとはあまり日本では馴染みがない言葉ですが、犯人の行動や特徴を分析して犯人像を推理するプロファイリングをする人たちのことですね。

そのため一般的な刑事ドラマと違い、猟奇的な殺人や特殊な殺人などがテーマになることが多いです。



普通では考えられないような殺人を犯した犯人を、犯人が何を考えどうしてこの行動をしたのか、原因はどこからきているのかなどを分析して犯人像を推理していくところがとても面白い話です。

話は毎回、1度の殺人で犯人が逮捕されることはなく連続殺人がほとんどです。

何人かが犠牲にならなければ犯人像がみえてこないのですが、殺人がおこる度に主人公たちと一緒に犯人の特徴を推理できることに楽しみを感じています。


話の後半では、必ずプロファイルを発表し犯人逮捕に動きだすのですが、プロファイルは毎回犯人の特徴を示しますが、はっきりと犯人を示すことはありません。

また発表後にプロファイルが変わることもあります。

あいまいなものなのだと感じますが、現実もそんなものだろうと思うと、とてもリアルに作られているドラマだと感心します。


また、個性ある主人公たちのプライベートもこのドラマを面白くしてくれていますね。

シーズンを重ねるごとに入れ替わりがありましたが、プロファイラーとして犯人の思考を分析することの苦悩や、過去の事件に翻弄されても仕事を続ける姿などが素敵に演出されています。

仕事だけでなく、恋愛や別れ、結婚など普通の人と同じように悩み楽しみ生きていく姿が、親近感をもたせてくれますね。

人間は何を考え行動し、そして犯罪を犯すのかを分析し一緒に考えられるところや、主人公たちの人間模様がとても楽しませてくれるドラマです!

無料登録はこちら⇒Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中



Hulu公式サイトへはこちらから⇒HuluファンブログのTOPページ

※紹介している作品は、2017年2月時点の情報です。
 
 現在は配信終了している場合もありますので、

 詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。
タグ:Hulu
posted by Hulu大好きっ子 at 11:00 | Huluで視聴した作品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年02月01日

SHERLOCK

シャーロック.jpg

Huluでseason3まで配信されているBBCのSHERLOCKは、一話が約一時間半の見ごたえ十分な作品です。

あの有名な英国探偵シャーロック・ホームズが現代に生きる人物だったら、というおもしろい設定のドラマで、主演はベネディクト・カンバーバッチが演じています。

Huluでは字幕版と吹替え版の両方が配信されているので、私は字幕版でカンバーバッチの長々とした推理シーンの台詞を聞いて作品にひたっていました。

回を重ねるごとにジョンのシャーロックに対する信頼が積みあがっていく様子が分かり、友人としての位置に収まっていく過程もまた面白かったです。

シャーロックのひたすらに謎を追い続ける姿にどこか危うさを感じながら、一方でジョンに対してもシャーロックとはまた別の危うさというかアンバランスさを感じていました。

しかし、season3の最終回を見てシャーロックもまたジョンのスリルや危険に惹かれていく危うさに気づいていたのだと知ったときは、嬉しかったですね。

社会性に欠けているシャーロックが、自分を親友だと言ってくれたジョンに対して気遣いや心配をしている様子をseason3に入ってから度々見て、初回の頃の彼とは変わっているんだなと思いました。

シャーロックやジョン以外にも魅力的で素敵なキャラクターはたくさんいて、モリーやグレッグのシャーロックに対して見せる優しさや心配からの厳しさなど、主人公に対する愛が伝わってきましたね。

精神の宮殿に入り込むという珍しい記憶法を使いながら、純粋に謎を追いかけ真実にたどり着こうとするシャーロックとその横にいる人間臭くて女性好きのジョンは、どこかアンバランスな感じもしますがその揃っていないところがこの作品の魅力でもあると思います。

ジョンの人間らしさに引きずられるように、シャーロックも少しずつ普通の人のような感情を表に出すようになっていくのが目に見えてわかり、何故か自分も嬉しく思えました。

メインの推理も流石に考え込まれていて推理ドラマとして十分に楽しめますし、ドラマの中で繰り広げられる人間関係やキャラクターたちのやり取りも十分魅力的でした。

作中でジョンが書いているブログも、シャーロックが書いている推理の化学というサイトも実際のネットに存在していて、作品をすべて見終わった後もそういうものを見てより深くはまることができます。


無料登録はこちら⇒Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中



Hulu公式サイトへはこちらから⇒HuluファンブログのTOPページ

※紹介している作品は、2017年1月時点の情報です。
 
 現在は配信終了している場合もありますので、

 詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。
タグ:Hulu
posted by Hulu大好きっ子 at 16:58 | Huluで視聴した作品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月04日

ゲーム・オブ・スローンズ

ゲーム・オブ・スローンズ.jpg

ゲーム・オブ・スローンズは、最初小説を読んでいました。

かなり前からあるので、まさかドラマになるなんて思いもしませんでしたね。

世界がファンタジーどっぷりなので、映画ならまだしもドラマで再現できるのかなあと思ったのです。


ですがHuluでゲーム・オブ・スローンズを見たら、その考えが間違っていたことに気づきました。

ゲーム・オブ・スローンズのドラマは、映画そのもの。

むしろ、映画を超えているような出来栄えだったのです!

さすが海外ですね!

日本ではこんなドラマ作れないよね、ってくらいの凄い仕上がりとなっています。

ということで、私は今、ドラマ版のゲーム・オブ・スローンズにどっぷりはまっています(笑)


世界は、中世ヨーロッパを思わせるファンタジー。

一人の王がなくなったことによって巻き起こる、戦国絵巻です。


前王の血を継ぐ少女・デナーリスや北部の王家・スターク家の面々が主人公のような扱い。

でも、主人公という主人公がいないんですよね。

何人か主人公のような人はいるけど、決定的な主人公がいないって感じ。


物語には様々な伏線がちりばめられていて、どうなっていくかドキドキしてしまいます。

また主役級の登場人物が意外とアッサリ死んでしまったりして、意表をつかれまくりですね。

とにかく次が見たくなる、面白いドラマです。


しかし、シーズン1はあまり面白くありません。

シーズン1は、登場人物説明って感じかな。

なので知らない人だと「これなんの物語なの?」って、見ていてつまらなくすら感じてしまうでしょう。

でもシーズン2になると面白くなっていくので、シーズン1だけ我慢して見てください(笑)


ゲーム・オブ・スローンズはライトなファンタジーとは違って、いろいろな王家の権力争いなどが生々しいんですよ。

同じ姉妹でも、嫉妬がうずまいていたりしているんですよね。

お姫様・王子様がキラキラした物語ではないので、とにかくドロドロしています。

先祖からのしがらみなどもあったりして、戦国時代物が好きな人にはオススメの内容となっていますね。


最後に生き残るのは誰なのか、デナーリスの凱旋はかなうのか、など見どころが満載です。

原作本にかなり忠実な流れなので、一緒に見てみると本当にその世界があるような錯覚すら覚えますね。

このドラマを作るには、かなりの構想と予算が必要だったのだろうな〜って考えてしまいます。


原作はまだ完結していないので、ゲーム・オブ・スローンズのドラマもどう終わるのかわかりません。

ですがここまで壮大な物語を築き上げたドラマなのだから、きっとさらに面白くなっていくはず!

ドラマ版もこれからも楽しみに待っています。

シーズン6まですでにHuluで見ることができるので、気になる人はぜひ見てみてくださいね。


無料登録はこちら⇒Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中



Hulu公式サイトへはこちらから⇒HuluファンブログのTOPページ

※紹介している作品は、2017年1月時点の情報です。
 
 現在は配信終了している場合もありますので、

 詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。
タグ:Hulu
posted by Hulu大好きっ子 at 10:20 | Huluで視聴した作品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年11月05日

リベンジ

リベンジ.jpg

アメリカ・ハンプトンズを舞台に繰り広げられる復讐合戦を描いたドラマ、『リベンジ』。

Huluで全4シーズン配信されているこのドラマは、久しぶりに次の展開が気になって何話もいっぺんに見てしまうドラマでした。


物語は、謎の女エミリーがNYのセレブリティが集うリゾート地・ハンプトンズにやってきたところから始まります。

あれよあれよと言う間に大企業の御曹司に見初められ、ハンプトンズ社交界の一員になったエミリー。

御曹司の母であり、ハンプトンズの女王と呼ばれるヴィクトリアは、突然現れた彼女に得体の知れない不安を感じ、彼女を警戒します。


母の勘か罪を犯した者の勘か、それは正しかった。

エミリーは、ある事件で無実の罪を着せられ殺された父の復讐にこの地に戻った別人。

彼女は父を死に追いやった人々に次々制裁を加えていく、というのがあらすじです。


このドラマには不倫・隠し子・ドラッグと、海外ドラマにありがちな展開がてんこもりです。

妬み・嘘・裏切りなど、人間の嫌な部分を全て詰め込んだようなストーリーですね。

それでも復讐の根底が愛情や、誰かを思いやる気持ちだったりするので、敵味方どちらにも感情移入してしまって切なくなる部分もありました。


毎度絶体絶命のピンチを乗り切る頭のいいエミリーですが、ときに都合よすぎる展開も。

人はたくさん死にますし、すぐに恋愛関係に発展しすぎるし、ツッコミどころがたくさんありましたね。

ただスピーディに物語が進んでいくので、私としてはそれも含めて楽しめました。


そして、ラストシーズンはまさに打ち上げ花火のフィナーレのような怒涛の展開。

めまぐるしく敵味方が入り乱れ、どんな結末を迎えるのか、リベンジの行く末が気になって一気見したわけですが、あれはハッピーエンドなのか、バッドエンドなのか…。

単純に終わらなかった結末に、私は満足です。

しいていうなら、エミリーの親友ノーランにパートナーと幸せになって欲しかったかな。


最後に、なんといっても女性視点の見所はエミリーをバックアップするイケメンたち。

いつだってエミリーを守るナイトのような彼ら。

モテモテなエミリーがうらやましい!


加えて、女性陣のファッションも注目どころ。

豪華なパーティーシーンは見ているだけでうっとりしますし、普段着も洗練されていて真似したくなるようなお手本がいっぱい。

『リベンジ』は間違いなく女性にオススメのドラマです!

無料登録はこちら⇒Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中




※紹介している作品は、2016年11月時点の情報です。
 
 現在は配信終了している場合もありますので、

 詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。
タグ:Hulu
posted by Hulu大好きっ子 at 11:35 | Huluで視聴した作品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年09月01日

ザ・ラストシップ

ザ・ラストシップ.jpg

今から約7年前に公開された映画に「感染列島」というものがあります。

日本国内に未知のウイルスが蔓延し、感染を食い止めるために奔走するというストーリーです。

同年には鳥インフルエンザが流行したこともあってか、当時は中々のヒット作となりました。

この感染列島の内容を世界規模に拡大し、バッドエンドから始まり、沈黙の艦隊のような要素を交えたのがこの「ザ・ラストシップ」です。


特別な任務のために一切の通信を禁止している中、謎の勢力から攻撃を受けたことで、世界中にウイルスが蔓延し、億単位の人間が死んだのです。

基本的に動物には感染しないという点では、進撃の巨人の「巨人が人類以外に興味を持たない」という設定も付け加えられているような気がして、それぞれの要素を知らずに取り入れているマイケル・ベイ監督の才能も感じます。


ネイサン・ジェームス艦長のトム・チャンドラーを筆頭に、捕虜に対して一定の環境を整えたり、時にはウイルス感染を阻止するために自ら命を経ったりと、仲間思いで義理人情に厚い登場人物が多いのも特徴です。

一方、敵となる人間は無情なキャラクターが多く、よく考えると特に意味もないままパリに核攻撃を行うルスコフ中将、ウイルスに感染して死んだ人間を発電所の燃料にしていた政府の女性、出産前の胎児を摘出してウイルスの治療薬を作り出そうとする日系人学者など、ぱっと思い浮かべただけでも強烈な行動に出る人がゴロゴロいます。

東日本大震災の時に散々問題となった「デマ」も、シーズン2には敵側の武器としてネイサン・ジェームスを翻弄します。


Huluでは期間限定でシーズン2までしか配信されていませんが、アメリカではシーズン3が放送されていて、改心した大統領からの命令でアメリカ海軍作戦部長として活動することになり、今度は国の再興に向けて話が進んでいきます。

シーズン2のラストには重要なキャラクターが銃撃されるという、アメリカのシリーズものドラマではある意味お馴染みの展開が待っているので、この人物の活躍をしっかりと目に焼き付けながら最後の衝撃に備えるのも、ストーリーの楽しみ方としてアリかもしれません。

「ザ・ラストシップ」は今後も目が離せない海外ドラマの一つです!

Hulu公式サイトへはこちらから⇒HuluファンブログのTOPページ

※紹介している作品は、2016年9月時点の情報です。
 
 現在は配信終了している場合もありますので、

 詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。
タグ:Hulu
posted by Hulu大好きっ子 at 17:25 | Huluで視聴した作品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年08月03日

シリコンバレー

シリコンバレー.jpg

最近Huluで配信を開始した海外のドラマ、シリコンバレーがとても面白いです。

ここ最近のコメディーでは一番ではないかと思いますね。


基本的なストーリーは、ある圧縮アルゴリズムを開発した

主人公の若者とオタクな仲間たちがITのメッカ・シリコンバレーで起業し、

どのように会社を大きくしていくかというような感じです。


ライバル会社から邪魔されたり、

ベンチャーキャピタルからどのように出資を受けることができるかなど、

ある程度真面目な話を結構細かく描かれていると同時に、

少し現在のシリコンバレーの状況を皮肉ったり、

めちゃくちゃな言動があったりと非常に良くできたコメディーです。


下ネタもふんだんに織り込まれているので、

そのようなものが好きではない人には向いていないかもしれませんね。

(私はあまり好きではないですが、このドラマは不思議と見続けてしまいます。。)


主人公はいたって真面目なエンジニアなのですが、

同じ会社で働くメンバーがとても個性的です。

特に、主人公の会社の取締役のエリックの言動はかなりめちゃくちゃです。

いろいろと自信満々なのですが、その自信はどこから来ているのか分かりません。

その他にもインド系のディニシュとギルフォイルとのライバル関係なども、

サブストーリーとして展開していて楽しめます。


監督はMTVの「Beavis ans Butthead」や「King of the Hill」

の監督をしていたMike Judgeなので、

この作品にも彼のテイストがちりばめられていて楽しめます。

めちゃくちゃ加減は、これらの作品に共通している気がしますね。


時間は30分と短くて気軽に見ることができるのも良い点ですが、

つい先が気になってもっと見たくなります。

次のエピソードが配信されるのがいつも待ち遠しい、そんなドラマが

この「シリコンバレー」です!


Hulu公式サイトへはこちらから⇒HuluファンブログのTOPページ

※紹介している作品は、2016年8月時点の情報です。
 
 現在は配信終了している場合もありますので、

 詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。
タグ:Hulu
posted by Hulu大好きっ子 at 19:13 | Huluで視聴した作品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年07月06日

私はラブ・リーガル

私はラブ・リーガル.png

ファッション・美容命!な美女の魂が天国での手違いで、ふとっちょで知的な女性弁護士の体に宿ったら…?

Huluで何気なく見たドラマ「私はラブ・リーガル」は、笑いあり・涙あり・元気をもらえる最高のラブコメでした!


事故でなくなったモデル志望のデビー。

まだ死にたくないと、天国の門番のPCにいたずらをして地上に戻るところからこのドラマは始まります。

地上に戻ったはいいものの、目が覚めるとビッグな体でいまいちイケてない女性弁護士ジェーンの中に…。

美女として生きてきたデビーは、自分の変わり果てた見た目を嘆き悲しむのですが、ジェーンの中に蓄積された膨大な知識と、デビーが積み重ねてきたファッションセンスで様々な人の弁護を成功に導いていきます。


このドラマのよいところは何と言っても、脇役まで1人1人が魅力的なところ。

天国の門番だったけどデビーの守護天使として左遷されて地上に来たフレッドや、唯一秘密を知るちょっとおバカなブロンドの友人・ステイシーとの掛け合いは最高です。

とくにステイシーとの友情は、シーズンが進むにつれて女子同士の難しい関係なども出てきて、でもそれでもお互い最高の友人で見ていてハッピーになります。


特に一番の見どころは、ジェーン(デビー)の恋!

偶然にもジェーンの務める法律事務所に元婚約者・グレイソンが内定していて、図らずも毎日職場で会う関係になってしまいます。

見た目の問題や、守護天使に口止めされていることから自分がデビーだということを言えない、、、でも近くで働いていてどうしても意識してしまう。


別の女性と親密になる彼を近くで見たり、自分も他の男性と親密になっていったり…すれ違いの多い二人の恋に最後までヤキモキしながら見てしまいます。

毎話新しく登場する依頼人との法廷劇も面白く、1話見終わると早く次の話が見たくなってしまいます。

シーズン6まであるのに、ついつい一気見してしまいましたね。


また、たまーに登場するミュージカルシーンも楽しみにしていました(ジェーン役の方はミュージカル女優なのだとか)。

Huluを見漁っており、いろんな作品を見たのですが、Huluで見つけた中でこれが私は1番好きな作品です。

何より見終わった後にハッピーになれるのが最高!

ぜひぜひ、女性におすすめしたい作品です。


Hulu公式サイトへはこちらから⇒HuluファンブログのTOPページ


※紹介している作品は、2016年7月時点の情報です。
 
 現在は配信終了している場合もありますので、

 詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。
タグ:Hulu
posted by Hulu大好きっ子 at 13:55 | Huluで視聴した作品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする