2016年09月01日

ザ・ラストシップ

ザ・ラストシップ.jpg

今から約7年前に公開された映画に「感染列島」というものがあります。

日本国内に未知のウイルスが蔓延し、感染を食い止めるために奔走するというストーリーです。

同年には鳥インフルエンザが流行したこともあってか、当時は中々のヒット作となりました。

この感染列島の内容を世界規模に拡大し、バッドエンドから始まり、沈黙の艦隊のような要素を交えたのがこの「ザ・ラストシップ」です。


特別な任務のために一切の通信を禁止している中、謎の勢力から攻撃を受けたことで、世界中にウイルスが蔓延し、億単位の人間が死んだのです。

基本的に動物には感染しないという点では、進撃の巨人の「巨人が人類以外に興味を持たない」という設定も付け加えられているような気がして、それぞれの要素を知らずに取り入れているマイケル・ベイ監督の才能も感じます。


ネイサン・ジェームス艦長のトム・チャンドラーを筆頭に、捕虜に対して一定の環境を整えたり、時にはウイルス感染を阻止するために自ら命を経ったりと、仲間思いで義理人情に厚い登場人物が多いのも特徴です。

一方、敵となる人間は無情なキャラクターが多く、よく考えると特に意味もないままパリに核攻撃を行うルスコフ中将、ウイルスに感染して死んだ人間を発電所の燃料にしていた政府の女性、出産前の胎児を摘出してウイルスの治療薬を作り出そうとする日系人学者など、ぱっと思い浮かべただけでも強烈な行動に出る人がゴロゴロいます。

東日本大震災の時に散々問題となった「デマ」も、シーズン2には敵側の武器としてネイサン・ジェームスを翻弄します。


Huluでは期間限定でシーズン2までしか配信されていませんが、アメリカではシーズン3が放送されていて、改心した大統領からの命令でアメリカ海軍作戦部長として活動することになり、今度は国の再興に向けて話が進んでいきます。

シーズン2のラストには重要なキャラクターが銃撃されるという、アメリカのシリーズものドラマではある意味お馴染みの展開が待っているので、この人物の活躍をしっかりと目に焼き付けながら最後の衝撃に備えるのも、ストーリーの楽しみ方としてアリかもしれません。

「ザ・ラストシップ」は今後も目が離せない海外ドラマの一つです!

Hulu公式サイトへはこちらから⇒HuluファンブログのTOPページ

※紹介している作品は、2016年9月時点の情報です。
 
 現在は配信終了している場合もありますので、

 詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。
タグ:Hulu
posted by Hulu大好きっ子 at 17:25 | Huluで視聴した作品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする