2015年11月02日

HuluとdTV(dビデオ)の比較





Huluを普段から楽しんでいる私でしたが、

Huluと比較されることの多いdTV(旧・dビデオ)もずっと気になっていました。

この度、dTV(dビデオ)で「アナと雪の女王」がレンタルできるとのことだったので

思い切ってdTV(dビデオ)にも入会してみました!


私は実はドコモユーザーではないのですが、ドコモユーザーではなくても

dTV(dビデオ)に加入できるようになったとの事だったので入会を決意したのです。

しかも初回7日間は無料とのことだったので・・

ところがここで失敗してしまいました。


私はスマートフォンから加入したのですが

入会完了画面がわかりづらく、その後「申込」という画面が出てきたので

まだdTV(dビデオ)登録が完了していないのかと思い

「申込」ボタンを再度操作してしまったのです。


すると、dTV(dビデオ)は「申込」というボタンから退会手続きを行うようで

私はなんとdTV(dビデオ)加入して2分で退会してしまいました!

その後再加入したのですが、

私は初回7日間無料のチャンスを逃してしまったようです。


すごくわかりづらいdTV(dビデオ)の加入画面、

そして「申込」画面からの退会手続き・・・

解約なら「解約」というボタンを作っておいてほしいです。


そのため、私のdTV(dビデオ)の印象は「わかりづらい」というもの。

Huluのわかりやすい操作になれているため、

dTV(dビデオ)がとてもやりづらく感じてしまいました。


「アナと雪の女王」は無事に見られましたが、

レンタル代400円かかったので合計900円もしました。

そして、パソコンで見ていたんですが途中よくエラー停止したのも気になりました。


再度dTV(dビデオ)のレンタルボタンを押すと見られるようになりますが、

その都度最初からの視聴・・・。

さきほど見ていた場面までスクロールすることはできますが、非常に面倒でした。


しかしながら、dTV(dビデオ)は安い価格なので人気があるのも事実。

今回は、そのdTV(dビデオ)の特徴をまとめてみました。


【dTV(dビデオ)の特徴】

■安い月額

 Huluは933円(税抜)、dTV(dビデオ)は500円(税抜)。

 dTV(dビデオ)の方が安くていいですね。

 dTV(dビデオ)は初回7日間無料で、Huluは初回14日間無料です。


■基本見放題だが、新作は「レンタル」で個別料金が発生

 dTV(dビデオ)は基本500円(税抜)で見放題です。

 ですが、最新作は「レンタル」を使って別途料金を支払わなくてはなりません。

 最新作のレンタル料金は、1本400円。


■作品数はHuluに匹敵

 Huluと同じくらい作品があるので、コンテンツはかなり豊富。
 
 料金が安いなら、dTV(dビデオ)でもいいかなとも思えます。

 海外より国内作品の方が充実しています。


■使えるデバイスは豊富

 パソコンやタブレット端末、スマートフォンやiPhoneなどのデバイスが使用可能です。

 5台まで端末を登録することができますが、同時に複数端末で視聴することは不可能。

 パソコンやテレビでは見られない作品があるので注意が必要です。


■画質が荒い

 スマートフォンからの出力がメインだからか、

 パソコンやテレビで見る時のdTV(dビデオ)の画質が荒いのが難点。

 Huluの方が画質が非常に綺麗なのは確かです。


■再生途中によく止まる

 再生途中にエラーとなり止まる頻度が高いです。

 再度再生時には、最初からの視聴となり不安定です。


■ストリーミングで見るか、ダウンロードで見るか選べる

 ストリーミングするだけでなく、ダウンロードして動画を見る事も可能です。
 
 スマートフォンやiPhoneで設定をしてからパソコンからダウンロードします。

 ダウンロードに時間がかかるのと容量が多いのが難点です。

 有効期限が過ぎたら、ライセンス確認が必要となるので注意。


■サポートセンターの電話がない
 
 dTV(dビデオ)は電話サポートがありません。

 「お問い合わせ」からメールで質問するしかないのですが

 返信がとても遅く、何かトラブルや困ったことがあった時には不便です。


■スマートフォンだと縦画面でしか見られない

 Huluだとスマホ画面を横いっぱいに映像が見られるのですが

 dTV(dビデオ)は縦画面でしか見られませんでした。

 縦画面だと映像が小さく迫力に欠けるので、やはり横画面で動画を見たいものです。


■ドコモユーザーならケータイ払いが可能

 ドコモユーザーならケータイ払いやドコモポイントでの支払いが可能です。

 ですが、ドコモユーザー以外ならクレジットカードしか支払い方法がありません。



価格が安いdTV(dビデオ)、高画質で使いやすいHulu。

一番重要なコンテンツですが、やはり海外ドラマなどはHuluの方が充実しています。

dTV(dビデオ)には、「ドラマ自体はあるけれど全シーズンない」

という作品もありますし・・・。


ですが主要なドラマは全シーズンそろっていることが多いので、

dTV(dビデオ)でも満足できる人はたくさんいるでしょう。



画質が悪くても安ければいいという人はdTV(dビデオ)。

高画質で、コンテンツの充実性をより求めるならHuluです。



どちらにしたらいいか迷ってしまう場合は、dTV(dビデオ)とHuluの

それぞれに登録加入して、比較してみましょう。

dTV(dビデオ)は7日間、Huluは14日間無料なので

両方の無料トライアル期間を利用してみるという方法が一番おすすめです。


※さらに、別途課金が必要なものの作品数が一番多い、U-NEXTもあります。

HuluとdTV(dビデオ)の無料期間が終わったら、

U-NEXTに登録するというのも一つの方法です。

3つを比較してみて、どれが一番自分に合うかどうか確認してみましょう。


dtv⇒「dTV」ムゲン楽しい映像配信サービス



Hulu⇒Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中


U-NEXT⇒動画を見るならU-NEXT

タグ:Hulu
posted by Hulu大好きっ子 at 23:25 | Huluの利用方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする